09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ZIZZY・らうドーS・らうどえす

  // 

『 ZIZZY・らうド-S 』ブログへようこそ!!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

白熱した、日韓戦!! 

ただ今、27日の午後8時過ぎ。
日韓戦を語るには、多少時間が経っているけど、
私の体調不良の為、しばしPCを立ち上げていませんでした ← ホントは今も発熱中・・・。

とにかく、観ている側も非常に疲労する試合でした。
ジャッジに関しては、もう敢えて語る必要もないでしょう。
私としては、想定内。
もっと言えば、前半の韓国に取られたPKを、延長前半で岡崎に与えたPKで、
帳尻あわせしてくれた分、良いレフェリーだったのでは・・・という感想です。
そして、やっぱり韓国は強いですよ。
結果として、PK戦で日本が勝ったとはいえ、内容的にはどちらが勝者でも文句はない。
パク・チソンが前を向いたときは本当に脅威だし、
スピード、テクニック、精神力・・・、日本を上回っていたかな?

サッカーの世界ではよく、『PKはジャンケンの様なもの』と言われますが、
決めて当たり前のPKを頭から2連続セーブした川島はスゴかった!!
決めなくては!というプレッシャーからか、3人目はゴールを外した。
ジャンケンを『勝ちたい!』という思いで、日本は制した。
そして試合中に目を引いたのが、前田、岡崎、本田、香川等、攻撃選手の前線からの守備。
ロングボールを出させない、出したとしてもプレスを掛けることによって正確さに欠ける。
前半はそんな場面がとても多かった。
特に、本田のフィジカルの強さ、香川のターンの速さ、
岡崎のストライカーとしての動きが際立っていた。
スピード勝負では勝ち目が無いと悟った長谷部はポジショニングで対応していたし、
長友の再三のサイドの駆け上がりには、韓国も手を焼いたことだろう。

今はまだ、日本のサッカー(ザックジャパン)の評価をする時期ではないだろう。
決勝戦は、29日。相手はオーストラリア。
ここで勝たなくては、韓国に勝った意味が無い!
史上初の4度目のアジアチャンピオンまで、あと一つ!!
29日は、『らうドーS』の事は忘れて、ザックジャパン、応援するぞォォ!!!

30日、スタジオ練習だから忘れちゃダメか・・・。

ライブの方は着々と準備を進めております。
進展は逐一報告しま~す!

 『らうドーS』 HAMAちゃんでした!!

テーマ: サッカー日本代表

ジャンル: スポーツ

サッカー  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://louds.blog12.fc2.com/tb.php/199-7b8129e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。